職場男性でメンズ脱毛が大流行!品川だとどこのメンズ脱毛が人気?

私は中学生のころから濃い体毛が生え始め、大きなコンプレックスでした。
もとから皮膚が弱いこともあって、ひとつの毛穴から2本3本と毛が生えていることもあり、髭や髪などはまだしも、夏場などは女子の前で半袖の腕を露出するのがちょっとストレスになっていました。たぶんクラスで一番毛深かったと思います。

それでも中高生の頃までは、体毛が原因で誰かに揶揄されるようなこともありませんでしたし、「少し濃いほうかな、これも個性かな」という程度で済んでいたのですが、大学生になって上京してからは、それまで生えていなかった胸やお腹、手首や指の関節などにもびっしりと毛が生え始め、自尊心が傷つくまでになりました。

よく、東京の人は鼻毛が伸びるのが早いという説がありますが、大気汚染のせいで毛深くなるというのは本当だと思います(上京前は山間部だったので)。20歳をすぎて、1日ごとにまだ生えていないところ、それも関節など皮膚が薄いところにもにょきにょきと毛が生えていくのが不気味でした。

夏場などはまるでジャングルのように全身の毛がからみあって肌とのあいだに空気の層をつくり、熱がまったく放散できないほどになるほか、元から汗かきで全身がジットリと濡れてしまうのが不快であるため、腕などの目立つ部分は定期的に剃るようになりました。昔から苦労していることもあり、何となく毛は不潔なものというイメージが強く、半年に一度くらいは髪を残して全身のすべての毛を剃ったりもしていました。たまに失敗して、出血してしまうこともありました。

それでも毛というのは自動的に生えてくるものなので、毛を嫌がる精神は不健全だと思い直し、25を過ぎたあたりから毛の処理にこだわることはやめ、髭や首回りなど、会う相手が不快にならない程度の清潔な印象を与えられれば良しとしています。

ですが今でもやはり、ストレスを感じた時などに長い時間をかけて毛切狭で腕や脚の毛を整えたりすることはあり、いっそ全身の毛がなくなればなあとよく思います。職場ではメンズ脱毛に通っている人も増えているので、今度カウンセリングに行ってみようと思っています。

※職場の人がおすすめしてくれたサイト・・・メンズ脱毛品川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です